おすすめ単独記事

東京魔人学園外法帖やる夫録【やる夫スレ】

  1. HOME >
  2. おすすめ単独記事 >

東京魔人学園外法帖やる夫録【やる夫スレ】

幕末の日本を舞台にしたバトルものが読みたいお!
そんなお前におすすめなのが ◆ctc7aDbxwM氏の作品

「東京魔人学園外法帖やる夫録」だろ!

あらすじ

幕末の時代。

国は攘夷と開国の二つの派閥に分かれて血で血を洗うような争いを繰り広げていた。
時代は混迷の波に飲み込まれるように揺れ動き、民衆の心の中にも不安の影を落とした。そんな闇のうごめく世の中で、江戸へと歩みを進める一人の青年がいた。

彼の名は緋勇やる夫。
若くして陽の古武術という徒手空拳の技を修める達人であった。
様々なトラブルに巻き込まれながらも、ナナリー、やらない夫、できる夫らと出会い、協力し合うことで解決していく。
そんな彼らとの関りを通じてやる夫は「他者への思いやり」というこれまでの自分の人生には無かった感情に触れ、困惑する。
その感情の正体を探るために、彼らと共に公儀隠密の治安維持組織「龍閃組」への参加を決意する。
かくして、人を鬼に変える「鬼道衆」から江戸の平穏を守るための戦いが幕を開けた。

この作品の原作となるゲームを知らない人は「現代の東京を舞台にした学園もの」と勘違いするかもしれないが

この作品は幕末日本を背景としているだろ

確かに「東京」「学園」「魔人」っていうタイトルのイメージとは作品内容が違ってるお
まぁ「魔人」の部分に関しては敵勢力が人を鬼に変性させるという描写やメインキャラたちが「氣」という不可思議な力を用いたりする場面が有るから全く違うかと言われるとそうでもないかも知れん

作品の魅力

この作品の魅力は仲間との関りを経て成長していくやる夫自身だろ
緋勇やる夫は特殊な環境で育った影響から、物語序盤では好戦的で近寄りがたい性格だといえる
若くして達人と呼ばれるレベルまで武術を修めている背景には重たい事情がありそうだお…
しかしやる夫自身もそういった自分に対して思うところが有るようだな

序盤の緋勇やる夫は自分を襲ってきた野盗の命乞いを気にする様子もなく平気でとどめを刺したりして怖い奴だお
そんな彼が龍閃組の仲間たちに感化されていき、気づけば人一倍に仲間思いの青年へ変わっていくといった姿が感慨深いだろ

また、この作品は二部構成になっているのも特徴だ
【1部】「人間」として成長していく緋勇やる夫
【2部】「龍閃組から受け取った何か」を他者に分け与えていくことがテーマになっている
龍閃組での活動で身も心も強く成長したやる夫が人の為に尽くしていくんだお!
「氣」と呼ばれる超常の力や、鬼に変貌を遂げた人との戦いなど全編を通して熱い戦いが繰り広げられており、緋勇やる夫の人間ドラマとしての楽しみ方以外にも、幕末日本を舞台にした異能力バトルものとしても非常に楽しみ甲斐のある作品だ

こんなあなたにおすすめ

  • 幕末を舞台にした異能力バトルが読みたい
  • 人として成長したやる夫が仲間の為に戦う熱いストーリーが読みたい
こんなあなたには是非読んで欲しいだろ

まとめサイト様

東京魔人学園外法帖やる夫録

やる夫が人生でいいじゃない

嗚呼! やる夫道

面白かったやる夫スレをまとめるサイト

-おすすめ単独記事
-,

© 2020 やるやらinc.